交通事故の治療費の支払いに、人身傷害保険を利用する方法

人身傷害保険とは

 人身傷害保険とは、どのような保険でしょうか。現在では、自動車保険に加入する場合には、「おすすめのプラン」といった内容に含まれていることも多く、契約者が意識していなくても付帯している場合が多くあります。この保険について、簡単に説明します。

過失減額のない、「自分の損害保険」

 人身傷害保険とは、いわば、交通事故に関する自分の保険です。交通事故の補償は、通常は加害者側の保険会社が行うものです。他方で、人身傷害保険は、自分の保険から損害の補償を受けることができます。通常は、自分が加入している保険会社の損害算定基準により計算された金額が、支払われることになります。

 人身傷害保険の重要な特色は、「過失減額がない保険」という点です。この点は、一定の過失割合まで減額されない自賠責保険に似ているとも言えます。このため、被害者自身にも過失がある場合には、大きな助けとなります。

 また、支払い限度額など、自分で保険の設計ができます。このため、「加害者側の保険会社の対応が悪い」とか「そもそも加害者が任意保険に加入していない」などという、被害者自身にはどうしようもない状況に対する備えも可能となります。

自賠責保険についての説明

人身傷害保険とはどのようなものか

具体例

 交通事故で総損害額が1,000万円で、被害者に2割の過失がある事例を考えます。被害者の過失が2割のため、相手方保険会社などからは、800万円の賠償金を取得することになります。他方、過失2割分の200万円については、誰にも請求できません。

 人身傷害保険を利用すると、この200万円分について、自分の保険から支払ってもらうことが可能になります。

 なお、実際には、総損害額をどのように決めるか、その決定内容が自分の保険会社の人身傷害保険にも適用されるかという複雑な問題が絡むため、ここまで単純にはなりません。ただし、一般論として、人身傷害保険は自分に過失がある場合に有用な保険、ということになります。

人身傷害保険から治療費を支払ってもらう

 被害者の過失が大きい場合には、加害者の保険会社が治療費を支払ってくれないことがあります(一括対応を拒否される場合)。このような時は、健康保険を利用して通院する方法もあります。他にも、人身傷害保険を利用して、自分の保険会社から治療費を出してもらう方法があります。このような場合は、総損害額や過失割合などが確定する前に、まずは人身傷害保険から先行して治療費の支払いをしてもらうことになります。そのような状態を指して、「人身傷害保険先払い(人傷先払い)」などと呼ばれる類型になります。

 相手方保険会社と協議が難しく、とはいえ病院には負担感なく通いたいという場合には、人身傷害保険により治療費支払いを受ける方法は、選択肢として検討すべきものです。ただし、自分の加入している保険の利用であるため、保険の担当者とよく話し合いをしておくべきでしょう。

交通事故の治療支払いに、健康保険や労災保険を使う方法

一括払とは何か、なぜ加害者の保険会社が治療費を支払うのか

損害の二重取りはできない

 人身傷害保険で治療費などを支払った保険会社は、加害者側等に支払った分の金額の請求をします(支払いによる請求権代位)。このため、被害者としては、損害額の総額を超えて、人身傷害保険と別に加害者側に賠償を請求することはできません。損害賠償の二重取りをすることは、できないのです

まとめ

  1. 自分の保険である人身傷害保険にて、交通事故の治療費を支払ってもらう方法がある
  2. 被害者にも過失がある交通事故の場合に、人身傷害保険が有用となる
  3. 人身傷害保険は自分の保険であるため、担当者とよく協議することが重要

補足

 以下のページも、よろしければご覧ください。

交通事故

交通事故と医療機関

事務所の紹介

 山梨県甲府市所在の弁護士事務所である舞鶴法律事務所では、山梨県はもちろん、東京や静岡、長野などの近隣地域からのご相談もお受けしております。法律問題で弁護士に相談したいとお考えの方は、一度ご連絡ください。
住所:山梨県甲府市中央1-12-42 甲府第一法曹ビル4A
電話:055-269-5544