はじめに

親権者とは何か

 親権者とは、夫婦が離婚した場合に、子どもの監護を行う一方の配偶者のことをいいます。親権者は、子どもがいる場合には必ず決めなければならず、これを決めないまま離婚することはできません

親権者決定の方法

 協議離婚であれば、話し合いで親権者を決めることになります。離婚届に親権者を特定して、それを提出すれば決定されることになります。

 他方、話し合いで親権者が決まらない場合は、家庭裁判所に手続を委ねることになります。家事調停で、調停委員を交えた話し合いで親権者が決まればよいところです。しかし、話し合いで決まらなければ、裁判所の審判などによるほかありません。

家庭裁判所調査官の関与

 裁判所が必要と判断すると、裁判所の職員である「家庭裁判所調査官」(以下、「調査官」とします)という人が、親権者決定の判断のために関与します。調査官は、法律の専門家というよりは、教育や児童心理などの専門家になります。家庭訪問や親子への聞き取りを行い、親権者として夫婦のどちらが相応しいのか、調査官として裁判所に報告を上げることになります
 実際に親権者をどうするかで対立が深まった場合に、裁判所が判断をする際の材料として、調査官の報告は、非常に重視されます

親権を取得するために望まれることは何か

子どもの福祉にあうこと

 要するに、どちらの親が子どもを育てることが、子どもにとって望ましいか、というのが、親権者決定の際の基準となります。夫婦の状況はそれぞれであり、親子関係や家庭環境も千差万別です。このため、「母親だから親権者だ」とか、「お金があるから親権者だ」などと、単純に決まるものではありません。母性や資力は重要な判断要素ですが、それのみではない、ということです。

 結局、親権者の決定は、「総合判断」で行われます。

親権者決定の際の考慮要素

 親権者決定の際には、以下のような要素が考慮されていると解されます。以下で、簡単に説明します。

  1. 子どもの年齢と母性
  2. 子どもの意思
  3. 経済力
  4. 離婚時点での居住環境
  5. 周囲のサポート環境
  6. その他

子どもの年齢と母性

 子どもが幼少であればあるほど、親権者決定には母親が有利とされます。子どもが育ちあがっていくうえで、父性も重要なことは当然です。とはいえ、幼少期の子どもの場合には、どうしても母性が重視される傾向があると解されます。

子どもの意思

 子どもが一定程度の年齢であれば、子ども自身の意思も重視されます。子どもは性別や環境で個人差が大きいため、年齢だけが基準になるわけではありません。とはいえ、親からの影響だけでない、自分の意思が表明できる成長段階にあれば、その意思が無視されることはないといえます。

 実際には、概ね中学生以上ともなれば、その意見は一定程度考慮されると解されます

経済力

 幼少の子だからといって、母親が貧窮しているとなれば、母親が親権者になれない場合もあります。経済力は、子どもが充分な教育を受けるなどする上では、当然必要なものであり、親権者決定の考慮要素となるといえます。

離婚時点での居住環境

 離婚する夫婦の場合、別居が先行することが多いものです。この際に、子どもをどちらの親が引き取ったかということが、親権者を決めるうえでは重視されます。これは、仮に一方の親元で子どもが安定して生活できているのであれば、裁判所がそれをあえて変えることもない、という判断があるためと解されます

周囲のサポート環境

 実際には、離婚する夫婦の双方の親から育児の協力が得られるかどうか、ということを指すことが多いでしょう。父親側だと、離婚したら日中は仕事で子どもの養育に当たれないため、親権を諦めるというケースもあろうかと思われます。ここで、実家の両親が監護してくれるとなれば、現実的に親権者となれる可能性も出てくるでしょう。

離婚原因を作った親でも、親権者になりうる

 夫婦の一方が不貞をした場合に典型です。不貞をした親でも、それだけでは親権者として失格ということにはなりません。夫婦関係では「不貞」であっても、親子関係が悪いとはいえないためです。実際に、妻が不貞をした場合に典型ですが、「不貞をして離婚したものの、親権は認められている」というケースは、少なくありません。

 ただし、「不貞をするために家庭を顧みなかった」など、不貞に付随する事情が悪いと、親権者として不適格と解されることもあるでしょう。

まとめ

 親権者になれるかどうかは、家族の事情の総合判断になります。それでは、離婚が予定されていて、親権者争いが予想される場合に、親権を取るためにはどのように振舞えばよいのでしょうか。

 この点については、下の記事にて説明しています。

離婚する際に子どもの親権者になるにはどうすればよいか

補足

 以下のページも、よろしければご覧ください。

離婚

離婚する際に子どもの奪い合いは、するべきではない

ごあいさつ

事務所の紹介

 山梨県甲府市所在の弁護士事務所である舞鶴法律事務所では、山梨県はもちろん、東京や静岡、長野などの近隣地域からのご相談もお受けしております。法律問題で弁護士に相談したいとお考えの方は、一度ご連絡ください。

住所:山梨県甲府市中央1-12-42 甲府第一法曹ビル4A

電話:055-269-5544

関連リンク

 メール連絡をご希望の方は、こちらからご連絡ください。

お問合せ・メール

 本サイトのトップページに移動します。

山梨県で弁護士をお探しなら、舞鶴法律事務所