山梨県甲府市所在の法律事務所です。山梨県で弁護士をお探しの方は、お気軽にご連絡ください(一部無料相談あり)。2名の弁護士にて、ご対応しております。
ブログ
  • HOME »
  • ブログ »
  • 債務整理の方法

債務整理の方法

破産することによる制約、職業制限や復権の説明

破産手続を行った場合の、職業制限などのデメリットを説明しています。職業制限については免責許可の確定による復権で解除されるものの、カードを作ることは、破産終結から10年程度経過しなければ難しいでしょう。

同時廃止事件と管財事件の振り分けについて

破産手続において、同時廃止事件と管財事件の振り分けの基準について、説明しています。

破産申立てを行う際の注意点について

破産申立手続に関する注意点をまとめました。債権者に関すること、財産に関すること、金融機関や車両など特別な考慮が必要なものなど、いろいろな角度からまとめています。

破産手続によっても免責されない債務(非免責債権)について

破産手続に続く、支払い責任を免除する免責の判断において、そもそも免責の対象とならない非免責債権につき、説明しています。

破産手続で免責が許可されない場合(免責不許可事由)の説明

破産手続に続く、支払い責任を免除する免責の判断において、破産法の定める免責不許可となる事由につき、説明しています。

自己破産手続の所要時間などについて

自己破産手続の所要時間に関して、かけるべき望ましい時間やその理由などについて、説明しています。

借金などをすべて清算する、自己破産手続の説明

裁判所の関与のもとで債務の清算を目指す、自己破産手続の概要を説明しています。

住宅資金特別条項付個人再生手続の所要時間などについて

住宅資金特別条項付個人再生手続の概ねの所要時間などについて説明しています。実際には、10か月程度の時間をかけることが望ましいと考えます。

住宅資金特別条項付個人再生手続の対象となる「住宅」の説明

住宅資金特別条項付個人再生手続が利用できる「住宅」であるための要件について、説明しています。自宅建物で自営業を営む人の場合は、用件に反することがあるため、注意が必要です。

住宅資金特別条項付個人再生手続における清算価値保障原則の説明

居住用不動産を守りながら債務を圧縮する手続である住宅資金特別条項付個人再生手続にて問題となる、清算価値保障原則について説明します。

住宅を守りながら債務整理をする、住宅資金特別条項付個人再生手続の説明

住宅ローンとそれ以外の債務がある場合に、住宅を守りながら他の債務を圧縮して支払っていく手続である、住宅資金特別条項付個人再生について説明します。住宅を守りながら現実的な債務整理を実現すべく、裁判所が用意しているメニューとなります。

任意整理の方法(消滅時効を検討するケース)

貸金業者などから債務支払いの請求がある場合に、消滅時効の成立を検討すべき場合があります。このような事例や消滅時効制度について、説明しています。

債務整理手続の一つである任意整理手続の説明

債務整理の手続の一つである任意整理について説明します。貸金業者などの債権者と個別に交渉して、和解した内容により、3年から5年といった期間で債務を返済していくという手続になります。

twitterはこちら

facebookはこちら

PAGETOP
Copyright © 舞鶴法律事務所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.