債務整理と住宅ローン〜自宅の売却を避ける方法

Q 債務整理で住宅や住宅ローンはどうなるの?

A住宅ローンのある自宅を保有した状態で自己破産や個人再生を行うと、住宅は売却されてしまうことが通常です。

  これは、自己破産などによりローン支払いができなくなると、ローン会社が自宅を売却するためです。

ただし、自宅の売却を避ける方法があります。住宅資金特別条項付個人再生という手続です。 

この手続では、原則として、住宅ローンは今までの契約どおり支払います。他方で、住宅ローン以外の借金については裁判所の手続により圧縮してもらい、3~5年での分割払いを行います。圧縮幅は、多くの事案では、最大で80%まで認められるため、返済はかなり楽になると思われます。

 「住宅ローン以外にも借金があるが、住宅を守りながら経済的再建を果たしたい」という場合には、住宅資金特別条項付個人再生は、かなり有効な手段といえます。

債務整理のもっと詳しい説明はこちら

事務所の紹介

 山梨県甲府市所在の弁護士事務所である舞鶴法律事務所では、山梨県はもちろん、東京や静岡、長野などの近隣地域からのご相談もお受けしております。法律問題で弁護士に相談したいとお考えの方は、一度ご連絡ください。
住所:山梨県甲府市中央1-12-42 甲府第一法曹ビル4A
電話:055-269-5544