債務整理のメリットとデメリット

債務整理とは、借金等の返済が可能かどうか債務者(金融会社や貸金業者からお金を借りている人)の資力に照らして検討して、返済方法を整理する、つまり返済の道筋を決める手続のこと。

では、債務者のメリット、デメリットとは?

債務整理のメリット、デメリット

まずは債務整理の方法についてですが、主に3つあります。

任意整理:業者との交渉、支払は継続

自己破産:裁判所に申請、債務免除

個人再生:住宅ローンがある場合など、住宅を手放さず他の債務を圧縮していく

ではそれぞれのメリットやデメリットをみていきましょう。

任意整理

任意整理とは、弁護士と業者等が交渉し、3~5年の範囲で分割払いの返済計画を立てる手続です。

任意整理のメリット

  1. 裁判所での手続が必要ない
  2. 過払金がある場合も、弁護士が回収作業を代理してくれる
  3. 弁護士から介入通知を業者に送付することで、業者からの取立てが停止する
  4. 精神的に落ち着いた状態で手続に向き合うことができる

ご自身で任意整理の手続を行おうとすると、無理な返済計画を立ててしまうこともあるので、一度は専門の弁護士にご相談することをおすすめします。

任意整理のデメリット

  1. 一定期間、いわゆる「ブラックリスト」に載り、銀行などの金融機関から借り入れなどが難しくなる。
ただし、過払い金が発生する場合には、ブラックリストに載せないように金融庁が指導しています。このため、任意整理の手続きを行ったとしても、必ずブラックリストに登録されるわけではありません。

自己破産

自己破産とは、借金等の返済がどうしてもできない場合、裁判所で手続を行い、借金等の債務を帳消しにしてもらう手続のことです。

自己破産手続のメリット

  1. 債務が免除され、返済の必要がなくなる
  2. 生活の再建を図れる
  3. 債権者からの連絡もなくなり、精神的に落ち着いた状態を取り戻せる

自己破産手続のデメリット

  1. 自己破産手続では、家計状況の資料や家計簿、給与明細書などを提出する必要があり、手続きの負担が大きい
  2. 原則として不動産など財産は処分し金銭に替える必要がある。生命保険も解約して積立金(解約返戻金)に換金する必要がある場合がある(債権者隠し、財産隠しは許されません)
  3. 破産手続中、一部の職業に就業制限が生じる(保険会社の外交員、警備員など)
  4. 予納金が、20~30万円必要となる場合がある(個人の破産)

個人再生手続(債務整理)

個人再生手続(債務整理)とは、借金が多額の場合、借金の一部圧縮、裁判所への再生計画を申し立て・認可を得たうえで返済していく手続。

再生手続の代表的なものは「住宅資金特別条項付個人再生手続」。これは、住宅を守る住宅ローンを支払いつつ、他の借金は裁判所の関与の下で圧縮してもらう手続きです。

個人再生手続(債務整理)のメリット

住宅資金特別条項付個人再生手続は以下となります。

  1. 住宅ローンはこれまでと同様に支払うものの、住宅ローン以外の借金の大幅な圧縮が可能
  2. 債務の圧縮割合は、多くの事案で80%。すなわち、今ある残高の20%の支払いで許されるケースが多い
  3. 住居に住みつづけながら、精神的に落ち着いた状態を取り戻せる、現実的な返済計画を立てることができる

個人再生手続(債務整理)のデメリット

住宅資金特別条項付個人再生手続は以下となります。

  1. 住宅資金特別条項付個人再生の条件を満たすために、証明書類、必要書類が多岐にわたる
  2. ローンを支払っている住宅の不動産鑑定が必要になるなど資金も必要
  3. 以上、債務整理のメリットとデメリットでした。

    借金が増えすぎてしまったり、クレジットカードの毎月の支払が難しい場合など、債務整理手続を取ることをお勧めします。詐欺的な請求逃れなどではなければ、債務に関する問題は多くの場合解決可能です。

    まずはご相談ください。

    事務所の紹介

     山梨県甲府市所在の弁護士事務所である舞鶴法律事務所では、山梨県はもちろん、東京や静岡、長野などの近隣地域からのご相談もお受けしております。法律問題で弁護士に相談したいとお考えの方は、一度ご連絡ください。
    住所:山梨県甲府市中央1-12-42 甲府第一法曹ビル4A
    電話:055-269-5544