債務整理のデメリットは?

Q 債務整理のデメリットは?

A    債務整理のデメリットとしては、信用情報が傷つく(いわゆるブラックリストに載った)状態となります。

私的整理の場合、借り入れをした業者から再度借り入れを受けることは、できなくなります。

また、いわゆるブラックリストに記録されるため、その他の業者からローンを借りることも困難となります。ブラックリストへの掲載期間は、5年程度といわれています。

 法的整理(自己破産や個人再生)の場合も、借り入れはほぼ不可能となります。ブラックリストへの掲載期間は、10年程度といわれていて、私的整理(任意整理)よりも長期間となります。

 また、特に自己破産の場合、2回以上行うとなると、手続のハードルが高くなることが想定されます。 裁判所という公的機関を使用する手続である以上、やむを得ないところです。

 また、法的整理の場合は、官報という国が発行する冊子に名前が掲載されます。 官報はあまり多くの人が見るものではないため、官報から破産のことなどを知られるというケースは、多くないように思われます。  とはいえ、公的に掲載される以上、「手続をすべて周囲に秘密にする」ということは、できない場合もあります。

 なお、「選挙権が制限される」とか、「戸籍に記録される」といったデメリットはありません。

債務整理のもっと詳しい説明はこちら

事務所の紹介

 山梨県甲府市所在の弁護士事務所である舞鶴法律事務所では、山梨県はもちろん、東京や静岡、長野などの近隣地域からのご相談もお受けしております。法律問題で弁護士に相談したいとお考えの方は、一度ご連絡ください。
住所:山梨県甲府市中央1-12-42 甲府第一法曹ビル4A
電話:055-269-5544