交通事故の「慰謝料」「損害賠償」「示談金」「和解金」の違いは?

 交通事故の賠償金を表す際に、「慰謝料」、「損害賠償金」、「示談金」、「和解金」など、いろいろな用語が使用されます。この違いについて、説明します。

慰謝料

 「慰謝料」は、損害賠償金の中の1項目です。他の損害項目では、「治療費」、「通院費」、「休業損害」といったものなどがあります。

 ただし、後遺障害がないような多くの交通事故事件では、保険会社から直接病院に支払われる治療費を除くと、慰謝料が損害の大部分を占めることが多いものです。事案によりますが、概算としては60~99%といったところです。

 このため、「慰謝料」という言葉が「賠償金」とほぼ同じ意味で使用されることも、多々あります。

損害賠償金(賠償金)

 「損害賠償金(賠償金)」という用語は、加害者が被害者に負う支払義務の全体のことを指します。慰謝料のみならず、治療費や通院費などの他の損害項目を合算したものです。

 ただし、言葉として物々しいイメージもあるため、好んで使われることは少ないかもしれません。

示談金

 「示談金」という用語は、「損害賠償金」とほぼ同じです。ただし、「損害として合意したもの」という意味を含みます。「賠償金額を被害者側で算定して提示したところ、その内容を基に保険会社側で正式な示談案の回答があった。最終的にはその内容から増額の修正のうえ、示談することとした。」という文例では、「示談金と「賠償金」の意味は若干異なります。

 また、「示談」という用語は、裁判では使いません。裁判によらない解決のことを指すというニュアンスがあります。示談という言葉には、「おおごとにしない」とか、「表沙汰にしない」という趣旨が含まれているといえます。

和解金(見出しの設定をお願いします)

 「和解金」という用語は、「示談金」とほぼ同義です。実際には、「和解」は民法にも記載のある法律用語ですので、「示談」よりも法的には厳密な表現となります。ただし、弁護士や裁判所以外は、あまり使わないように思われます。

 以上のような背景のため、多くの弁護士は、「示談」よりも「和解」という用語を好むと推測します。

事務所の紹介

 山梨県甲府市所在の弁護士事務所である舞鶴法律事務所では、山梨県はもちろん、東京や静岡、長野などの近隣地域からのご相談もお受けしております。法律問題で弁護士に相談したいとお考えの方は、一度ご連絡ください。
住所:山梨県甲府市中央1-12-42 甲府第一法曹ビル4A
電話:055-269-5544