はじめに

 本日付の山梨日日新聞に掲載の内容につき、以下でお伝えします。交通事故事案につき、Q&Aに回答する方式の掲載となっています。

 この内容につき、以下で抜粋します。

質問

運転中に追突されて、交通事故の被害者になってしまいました。むちうちの症状があり、今後の手続がどうなるのか不安です。どのように対応すればよいでしょうか。

回答

 体に異状を感じた場合には、まずは治療を第一にしてください。1か月程度病院に通院していない期間があると、加害者側から通院の必要性を争われることもあります。異状があれば2週間に1回程度は整形外科に通院して、むちうちの状態を主治医の先生に伝えるようにしてください。

 治療により症状が完治することが理想です。とはいえ、どうしても症状が残る場合には、後遺障害の申請を検討すべきです。6か月程度の通院の後に、主治医の先生に後遺障害診断書を作成してもらい、手続を進めることになります。

 加害者や保険会社の担当者と交渉することにご負担を感じる場合には、弁護士に相談すべきです。交通事故事件では難解な用語や概念も少なくなく、被害者がケガを抱えて適切に交渉を行うことには、困難もあるためです。また、弁護士に依頼することで、賠償金が増額することも多くあります。

 ご自身や親族の自動車保険や火災保険で弁護士費用特約に加入していれば、弁護士費用を保険金で支払ってもらうことも可能です。一度保険の内容を確認することをおすすめします。

補足

 以下のページも、よろしければご覧ください。

交通事故

ごあいさつ

事務所の紹介

 山梨県甲府市所在の弁護士事務所である舞鶴法律事務所では、山梨県はもちろん、東京や静岡、長野などの近隣地域からのご相談もお受けしております。法律問題で弁護士に相談したいとお考えの方は、一度ご連絡ください。

住所:山梨県甲府市中央1-12-42 甲府第一法曹ビル4A

電話:055-269-5544

関連リンク

 メール連絡をご希望の方は、こちらからご連絡ください。

お問合せ・メール

 本サイトのトップページに移動します。

山梨県で弁護士をお探しなら、舞鶴法律事務所