弁護士費用特約の説明

 「弁護士費用特約」という言葉を聞いたことがある人もいるかと思われます。自動車保険で代理店にプランを作ってもらう場合などは、特約一覧で自動的に加入していることもよくあります。このため、気が付かないまま契約しているケースもあるかもしれません。

 弁護士費用特約は、交通事故の被害者になった場合には、非常に有用なものです。保険料も年額2,000円程度であることが多いため、自動車保険に加入する際に、ぜひとも付帯すべき特約といえます。

 この内容について、以下で説明します。

弁護士費用特約は、弁護士費用を払ってもらえる、自分の保険

弁護士費用特約の概要

 弁護士費用特約は、交通事故の被害に遭った場合に、その弁護士費用を支払ってもらえる保険です。自分の保険であり、加害者の自動車保険は、関係ありません。内容としては、相談料は10万円、実際の弁護士費用は300万円を上限に、保険から支払いを受けられるタイプの保険が一般的です。現在では、ほぼすべての自動車保険会社で取り扱いのある保険です。

 ただし、必ずしも自動的に付いてくる保険ではないため、保険証券を確認するなり、代理店の方に確認することをおすすめします

弁護士費用特約で、弁護士費用はほぼカバーできる

 保険の支払金額上限は、300万円が一般的です。そして、自動車事故の被害で最も多い「むちうち症」の事案の場合、弁護士費用で300万円を超えることは、まずありません。

 このため、それほど大規模ではない交通事故の場合は、弁護士費用特約を利用できれば、弁護士費用は全額保険で支払ってもらえると考えて、まず間違いありません。

弁護士費用を特約でまかなえないのは、かなり例外的な場合

 不幸にも被害者の方が亡くなってしまったり、重大な後遺障害が残ってしまった場合には、賠償金額も大きくなります。そうなると、弁護士費用も高くなり、上限を超えてしまうこともありえます。

 とはいえ、相当に例外的な場合です。また、そのような場合であっても、300万円までの弁護士費用の支払いは受けられるため、保険に加入するメリットは大きいといえます。

弁護士費用特約の保険料

 弁護士費用特約を追加すると、概ね、年間で2,000円程度の自動車保険料のプラスになるようです。この金額は目安ですので、保険会社によって金額は多少異なるかと思われます。

 この保険料は、保険のメリットと比較すると、「非常に安い」ものと考えます。交通事故に遭ってしまった際に、金銭的負担なく弁護士に依頼できるメリットは、非常に大きいためです。

特約を使っても保険料に影響はない

 弁護士費用特約を利用しても、翌年の自動車保険料が上がることはありません。事故の際に自分の車両保険で車の修理などをしていれば別ですが、弁護士費用特約のみを利用したという場合には、保険料は上がりません。

 このような事情からも、弁護士費用特約に入っているならば、とにかく弁護士に依頼した方が得といえます。

弁護士としても、依頼者には弁護士費用特約に加入しておいてほしい

 弁護士費用特約が適用できると、弁護士も仕事を受けやすいというのが実情です。弁護士費用特約からは、法律相談費用も支払われます。受任後も、交渉により得られた増額分をすべて依頼者に渡せるとなると、担当弁護士としてもやりがいがあるものです。弁護士から見ると、「弁護士費用特約には、ぜひとも加入しておいてほしい」ということになります。

弁護士費用特約の適用範囲

弁護士費用特約の適用範囲は結構広い

 多くの保険会社が用意している弁護士費用特約の適用範囲は、以下のとおりです。

  1. 保険契約者本人
  2. 保険契約者の配偶者
  3. 保険契約者の未婚の子
  4. 保険契約者の同居の親族

 重要なことは、家族の誰かの車で弁護士費用特約に入っていれば、他の家族の事故でも使えることがある、ということです。交通事故の被害に遭ってしまって、自分が弁護士費用特約に加入していなかったといっても、まだ諦めるのは早いということです。特に未婚の子であれば、同居関係がなくても保険が使えることがあります。親族に自動車保険の契約がある場合には、とにかく確認することが重要です。

 なお、最近では、火災保険でも弁護士費用特約が付されている場合があります。まずは確認することが重要です。

特約の適用範囲は、保険契約時に確認しておくべき

 弁護士費用特約の範囲は、それなりに広いです。とはいえ、保険会社により、その範囲には微妙な差があります。このため、保険会社を変更した場合などに、適用範囲の穴ができてしまうことがあります。これは非常にもったいないことで、万が一の事故の際の備えが弱まってしまいます。

 これまでの保険で新たに弁護士費用特約を付ける場合や、保険会社を切り換える場合には、必ず契約時に特約の適用範囲を確認しておくべきです。家族全員がフォローされないような場合には、適切な契約ができるよう、代理店の方や担当者の方に確認しておきましょう。

まとめ

 今回のまとめは、以下のとおりです。

  1. 弁護士費用特約は、万一の交通時の場合に弁護士費用の支払いが受けられる、メリットが大きい保険である
  2. 弁護士費用特約を利用しても、翌年の保険料は上がらない
  3. 弁護士費用特約は適用範囲が広く、自分が加入していなくても家族の保険が使えることがある

補足

 以下のページも、よろしければご覧ください。

交通事故

交通事故と自分の保険

ごあいさつ

事務所の紹介

 山梨県甲府市所在の弁護士事務所である舞鶴法律事務所では、山梨県はもちろん、東京や静岡、長野などの近隣地域からのご相談もお受けしております。法律問題で弁護士に相談したいとお考えの方は、一度ご連絡ください。

住所:山梨県甲府市中央1-12-42 甲府第一法曹ビル4A

電話:055-269-5544

関連リンク

 メール連絡をご希望の方は、こちらからご連絡ください。

お問合せ・メール

 本サイトのトップページに移動します。

山梨県で弁護士をお探しなら、舞鶴法律事務所