B型肝炎給付金請求訴訟についての説明

 当サイトの業務一覧に、B型肝炎給付金請求訴訟についての説明ページを追加しました。

 よろしければご覧ください。

B型肝炎給付金請求訴訟

B型肝炎給付金請求訴訟の概要

 B型肝炎給付金請求訴訟は、国家賠償請求訴訟となります。制度としては、国による予防接種等の際の注射器の取り扱いに不備があり、そのためにB型肝炎などにり患した人が給付金を請求することができる、という建て付けになっています。

 給付金を請求するためには、裁判手続が必須とされ、被害者の方にはハードルが高いものと解されます。この請求の際には、弁護士に依頼することが簡便です。

 現在、B型肝炎給付金請求訴訟については、東京などの都市部の法律事務所が宣伝を行っています。とはいえ、B型肝炎給付金請求訴訟は、大きな法律事務所でなくとも、専門部署がなくとも、弁護士であれば対応可能な領域といえます。

 また、対象となりうる被害者が多いにも関わらず、請求期限が平成34年までとされていて、周知も不足しているという印象です。

 このような経緯もあり、当事務所でも業務紹介ページに追加することとしました。

当事務所にて無料相談にも対応しています

 山梨県甲府市に所在の当事務所では、B型肝炎給付金請求訴訟に関する法律相談については、事案の性質に鑑み、初回は無料にて対応いたします

 肝がんや肝硬変、B型肝炎にり患されている方は、法律相談を受けることをおすすめします。また、前記の病気により亡くなられた方の遺族の方についても、法律相談をおすすめします。東京などの都市部に行かずとも、弁護士による説明を受けられますので、よろしければご活用ください。