交通事故の治療終了時期は、6か月が1つの目安となる

交通事故の治療期間についてどのように考えるべきか、一般的なむちうち症を念頭に、説明しています。一つの治療終了の目安は、事故から6か月といえます。6か月経過しても症状が残っているという場合には、後遺障害の認定申請も検討すべきでしょう。