交通事故に備えて、ドライブレコーダーを設置しておく

交通事故の当事者になる場合に備えて、ドライブレコーダーを設置しておくべきです。映像記録により、事故に争いがある場合などでも、交渉をスムーズに進めることが可能になります。保存期間などに注意しながら、事故時の証拠確保に利用することが望ましいといえます。