交通事故で受傷後に症状が続く場合には、早期にMRI撮影をしておくこと

交通事故で受傷した場合に、症状が長く続くような場合には、早期にMRIの撮影を行っておくべきです。事故直後のMRIの証拠が、後遺障害の認定をする場合に重要なことがあるためです。