交通事故の損害賠償算定基準は3つある

交通事故による損害賠償基準についての説明を行っております。示談の際には、最も高額である裁判所基準の適用を求めて交渉を進めるべきですが、弁護士に依頼した方が簡便といえます。